トップ > 16歳の仕事塾プロジェクトとは?

「トランジション」と「社会的レリバンス」

 

生徒・学生の卒業後の職業生活への移行(職業的自立)と、社会的・発達的に青年期から大人への移行(社会的自立)の両方を問題とする「トランジション」。

学校での学びが社会や仕事とどのように結びつき、どのような意義があるのかを問う「社会的レリバンス」。

新学習指導要領の高等学校と小・中学校の大きな違いは、「共通性の確保」と「多様化への対応」です。小中学校と違い高校は学区制がなく、また普通高校や専門高校、総合高校、定時制高校、さらに通信制の高校など、まさに多様な学校があり、生徒一人ひとりも多様な特性を持っています。卒業後の進路も大学、専門学校、就職、海外留学と多岐にわたり、進路指導もそれぞれに合った対応が求められます。

しかしながら、「トランジション」と「社会的レリバンス」というテーマは、全ての生徒にとっての「共通性の確保」が求められる課題です。その課題に対応する教育が「キャリア教育」と「シティズンシップ教育」だと言えます。学校から仕事や社会へのスムーズな移行を実現するための、社会的・職業的自立支援をする「キャリア教育」。また高3生の18歳からは選挙権が与えられ、一人の市民として社会的な責任も問われます。グローバルな視点を持つ市民になるための「シティズンシップ教育」が大変重要になってきます。

わたしたちNPO法人16歳の仕事塾は、2009年から主に高等学校でキャリア教育の支援活動を行ってきました。生徒が安心できる学校という“場”にこだわり、公教育の一環として活動を続けてきました。そして私たちが最も重視するのが“品質”です。300名を超える第一線で活躍する社会人講師、約50名のワークショップデザイナー育成プログラムの修了生や、キャリアコンサルタントの資格を持つファシリテーター。実施後の振り返りを重視し、ブラッシュアップしていくワークショッププログラム。

これからも常に“品質”を高め、生徒たちにとっての課題である「トランジション」と「社会的レリバンス」に貢献してまいります。

 

そして2019年、10周年を期に、新たにMission、Visionを策定いたしました。

Mission:『啐啄(そったく)』

~ヒナ鳥が殻を破る時の親鳥のように、高校生が一歩踏み出すのを応援したい!~

設立当初よりわたしたちのロゴマークにはその思いが込められています。

※「啐」はひなが卵の殻を破って出ようとして鳴く声、「啄」は母鳥が殻をつつき割る音

Vision:一人ひとりが輝ける社会を目指す